スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
バリウム検査

ついにその日が・・・ 朝、ろきし~ちゃんをつれて病院へ。 どうしようかと思ったけど、ろば~と君にも付き添いでいっしょに来てもらった。 狭いキャリーでかわいそうなんだけど、いっしょにいる方が2人も安心だろうと思っているのは私の方だけかなぁ・・・

人間の場合、バリウムを飲む前に炭酸を飲んだり、検査の後には下剤をお持ち帰りしたりするが、フェレットの場合はそういった事はなく、シリンジでバリウムを飲ませて、途中にひっかかりがなければすんなり出てくるそうだ。
先生の白衣を引っかき(ごめんなさい・・・)、またも「元気ですね~」と言われてしまったろきちゃんは、レントゲンの経過に問題がなければ4時にお迎えできるが、長めに様子を見たい場合は2時頃に電話をするということだった。 2時に電話=異常ありということなので、どうか電話がかかってきませんように・・・

午後、一眠りしていると、電話の音で目が覚めた。 時計を見ると2時。 あぁ・・・ やっぱり先生からで、もう少し様子を見たいので6時にお迎えに来て下さいって。 わぁ~ん、胃に何か詰まってて手術になってしまったらどうしよう・・・(ToT)

ドキドキで病院に行き、レントゲン(時間をあけて何回か撮ったもので、各あお向けと横から)を見ながら先生のお話を聞いた。 レントゲンを見るとバリウムが胃~腸を流れていく様子がわかるのだが、ろきちゃんの場合、普通なら胃を完全通過する時間が過ぎてもまだ胃の一部にバリウムが少し残っていた。(胃の中に何かがあると、バリウムがそれにくっついて残る。) が、それは更に時間が経過するとだんだん消えていったので、最終的には、大丈夫でしょうという嬉しい結果になった。 よかった~! 本当によかった!! 安心した!!! \(=^o^=)/

ろきちゃんを受け取った時は、ちょっと呆然としてたのかお疲れさんでおとなしかったのだが、レントゲンの合間はもちろんの事、レントゲンを撮る時も暴れたそうだ・・・(^o^;) 今晩はおとなしく寝るのかと思ったら、帰りのキャリーの中で暴れ、帰宅後ろぶ君といつも通り(昼間の分も?)大バトルをし、たくさん食べ(朝から絶食だった。)、半日入院してたとは思えない元気っぷりだった。
いつも思うけど元気が何より! ろきちゃん、これに懲りてどうか危ないものはもう食べないでね。

サークルの下にビニールシートもフリースも新聞も敷けなくなったので(食うな~!)、やむなくサークル用のフロアマットを買った。 これなら食べられる心配がないし、ツメをたてられても破けない。 さすが専用なので、サークルがきれいに八角形に収まる。 不思議にサークル内の面積が広く見えるのだな。 最初からこれを使っていれば、バリウム騒動もなくてすんだのだろうか。 う~む・・・

 

スポンサーサイト

テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

【2007/06/23 23:43 】 | ろきし~ちゃん | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<イタチな男ゴコロ・・・!? | ホーム | カレンダーになりたい!(^o^)>>
コメント
ドキドキしながら記事を読みました。
無事に終了、本当良かったですね!
誤食、怖いですよね。
うちにも布食いさん、砂食いさんがいるので
気をつけています。

ろきし~ちゃん、半日入院と検査、お疲れ様でした^^
【2007/06/25 22:29】 | URL | 湊 #-[ 編集] | page top↑
湊様
ありがとうございます!
病院から電話があった時にはホントに動揺しました。
その後は、布もビニールも食べてないみたいだけど、
私を噛む率が高くなったような・・・
しかも、フェレにありがちな「柔らかい所を狙って」。(^o^;)
頭上でビニール袋を振るった時、2人で飛びついてくるけど、
ろば~と君は爪、ろきし~ちゃんは爪プラス噛み付き・・・
今後も要観察・要注意です・・・
【2007/06/26 21:53】 | URL | ちぇり~ #tHX44QXM[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://f2station.blog105.fc2.com/tb.php/18-f19d98bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。